男前キャンプ

BASE CAMPのA-sukeが提案する不便を楽しむキャンプ企画。

サバイバル的なキャンプをみんなで楽しくエンジョイしようという中二病的な企画です。

ハードでコアなスタイルでカッコつけても一人じゃね(笑)

それぞれのスタイルを見せつけ合いましょう!

初めてのタープ泊などもサポートしますよ!!

 

 

第7回の開催決定しました!

6/1-2です。

 

場所は申し込んでくれた方に教えます。

大雑把には都心から1時間半~2時間程度の場所にある山梨のキャンプ場です。

クルマだけでなく電車を利用して駅から徒歩でも行ける場所ですので電車で参加したい方もぜひ参加してくださいね!

 

なお、キャンプ場ですので使用料がかかります。

イベントですが一般と同じ扱いですのでキャンプ場の定めたルールに従ってください。

 

参加希望者は下のフォームを書いて送ってくださいね。

キャンプ場は要予約なので今回私が代行しますのでキャンセルの場合もお手数ですが連絡お願いします。

 

以下男前キャンプの概要です。

 

参加に関して特にコストはかかりません。

ご自身の施設利用料金のみです。

食事なども含めてご自身で用意お願いいたします。

 

あ、参加は女性でも全然問題ありません。

気軽じゃないかもですが気軽に来てください。

 

参加者は焚き火台とゴミの持ち帰りはお願いいたします。

 

第1回の様子はコチラ

第2回の様子はコチラ

第3回の様子はコチラ

第4回の様子はコチラ

第5回の様子はコチラ

 

道具は少なければ少ないほどカッコイイとする。という男前な企画。

(女性の参加は大歓迎です!)

 

楽しむためのサバイバルごっこキャンプ。

道具に頼らずに知恵と工夫で野営を楽しむキャンプをしましょう。

 

西部開拓時代カウボーイスタイルもよしネイティブアメリカンスタイルもよし沢屋スタイルもよし原始人スタイルもよし。

カッコよくて楽しいスタイルを体現してくださいね!

 

テントなしでタープ泊もしくは青空野宿。

さらにできる人ならペグなし、ポールなしで現地調達で何とかします。

 

ガス缶、ガソリン、灯油、アルコールなど燃料なしでの焚き火が基本!

 

さらには食事はインスタントフードなしで焚き火料理.。

缶詰&瓶詰めはギリギリOK。

 

さらにできる方はライターなしでマッチやほかの着火方法しかダメにするとか。

荷物の量もザック一つにまとめるとか一回で車から運べる量なんていうほうがカッコいい!

交通手段もクルマじゃなくてバイクとか自転車とか歩きとかヒッチハイクとか。。。。

 

でも「安全に楽しむ」が基本なので夜を楽しむライトはアリとします。

じゃないと夜がきたら寝るだけになっちゃう(笑)

お酒はもちろんアリアリです!

「楽しむためにやる」わけですからイスやテーブル、クーラーBOXなどはOK。

工夫を楽しめると男前ポイントアップです!(ポイント制の競技ではありません)

 

安全のためのバックアップ(使わないけど持ってくる道具)はそれぞれきちんとお願いします。

 

メモ: * は入力必須項目です